So-net無料ブログ作成

意外とゆとり世代

もう30年近く前、
自分がハタチのころ、
自分たちの世代は「新人類」とか言われた。

いま職場には
「ゆとり世代」と言われる人たちがいる。

ずいぶん前に放映された
「5時に夢中!」をYouTubeで観ていたら
「ゆとり世代」の特徴として
・怒られることに慣れていない
・失敗を恐れる
・出世にこだわらない
・ナンバーワンよりオンリーワン
を挙げていた。

自分はまったく「ゆとり世代」ではないけれど
自分って意外にゆとり世代かも…と思えた。
というか、誰でもそうなのかしらん?

まず自分は
【怒られることに慣れていない】
なにせ貧乏なお坊ちゃまだったし(笑)
ハタチのころは純粋培養とか言われたし

♪つぼみのままで夢をみていたい
 影絵のように美しい
 物語だけみていたいわ♪
とか今でも思うし…
関係ないか…(笑)

「顔だけはぶたないで
 私、女優なんだから…」
なんてセリフを言う機会はなかった。
なぜなら
ぶたれそうになったことはなかったから…たぶん。
関係ないか…(笑)

昔のスポ根アニメみたく
罵られて、それでも立ち向かっていくタイプではなく
きっと自分は、ほめられて伸びるタイプ。

とは言え、ほめられたことがないので
ほめられたら本当に伸びるかどうかはわからない。
この歳だと、たとえほめられたとしても
もう伸びしろはない気がする(笑)

【失敗を恐れる】
自分は何かに果敢に挑戦するなどということはなく
「本当に大丈夫だろうか?」と
グダグダと迷い続けた挙句、
石橋を何度も何度も叩いて叩いて叩き続けて
結局、壊して渡れないタイプ。
これもある意味、失敗か…(笑)

【出世にこだわらない】
サラリーマンを続ける中で
ある程度のところまでは
出世できたらいいなとは思ったけれど
それ以上に高みを目指そうとは思わなかった。

ってか
出世できない人の言い訳だな…(笑)

出世すればするほど
大変なことばかりが増えていくわけで
それ以上にやりがいとかあるのかもしれないけれど
別に仕事が好きなわけではないので
そんなツラい思いをしてまで出世したいとは思わない。

【ナンバーワンよりオンリーワン】
オンリーワンを意識することはあまりないけれど
ナンバーワンになりたいとはあまり思わない。

ってか、これも
ナンバーワンになれない人の言い訳だな…(笑)

子供のころは
1番になりたいと思ったこともあったけれど
社会人になってからは
自分が1番になるなんて無理だとわかっているので
ハナからあきらめている。
それよりは、何事も自分らしく、とか思ってしまう。

こうして考えてみると
世の中の社会人は
誰しも同じような感覚を持っているのではないかしらん。

若い社会人との交流がないので
どう考えているかわからないし
逆に自分より年上の人たちとも
そんなに交流があるわけではないので
その人たちもどう考えているかわからない。

けれど、つらつら考えてみるに
どの時代でも若者の特徴は似ているのかも。
つまり
ゆとり世代の特徴は
新人類の特徴と似ているのかもと思う。

もう私は若者ではないけれど
ゆとり世代の特徴をそなえているとすれば
精神的に成長していないってことだな…(笑)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。