So-net無料ブログ作成
検索選択

こんな所でそんな話をしなくても

とある夜の娯楽施設に行ったときのこと。

相変わらず
「友達少ないマーメイド」改め
「友達少ないマーマン」な自分は
店内に一人で座っていたのだが
そのうち隣の空席に黒人の男性が座った。

面識のない、その黒人男性が
英語で自分に話しかけてきた。

最初、自分の拙い英語力では
何を言っているのかわからなかったのだが
そのうち
「お前はどこから来たんだ?」
と(英語で)訊かれ
「自分は日本人だ」
と(英語で)答えると
明らかに自分より若いその黒人男性は
「は?」みたいな顔をする。

「お前は日本人なのか?」と何度も訊くので
「日本人には見えないと
 たまに言われることもあるけど
 自分は日本人だ」と
ありったけのボキャブラリーを駆使して答える。

それでも
「お前は日本人なのか?」
「お前の家族は日本人なのか?」
と繰り返し執拗に訊いてくる。

なんだか訳がわからなくなってきて
逆にこっちから
「あなたはどこから来たのか?」
と訊き返してみると
その黒人男性はまたもや
「は?」みたいな顔をして
しばらく間をおいてから
「アメリカだ」と答えた。

もしかして
Where do you come from?
と訊くべきところを自分はたぶん
Where are you from?
と訊いてしまったので
気分を害してしまったのかもしれないと
後から思ったが…

その後、その黒人男性は
「お前の日本の歴史を知っているか?」
と訊いてくるので
「知っている」
と答えると
その後はよくわからなかったのだが
第二次世界大戦の話をしたいらしく
自分はこんな所でそんな話はしたくないと思い
なんだかヤバそうな気もしてきたので
「帰るので失礼する」
と言って(言ったつもりで)店を出た。

その黒人男性は
私の何かが気に障ったのだろうか?

その店にはわりと通っているので
店のスタッフも自分に声をかけてくれたりするので
「なんだコイツ?」
みたいに不快にさせたのだろうか?

はたまた
歴史についての議論をするのは
世界では当たり前なのだろうか?

日本人はあまりそういうことをしないと思うし
少なくとも自分はそういうことをしないのだが…

自分はディベートとか全然できないし
なのでしたいとも思わないし
歴史について
あるいは政治や経済について
語れと言われても語れないし
そもそも夜の娯楽施設で
持ち出す話題だろうか?

その黒人男性には
「なんでお前はここにいるんだ?」
とも言われ
「楽しむために来た」
と答えたが
本当にそのとおりで
難しい話をしたいわけではなく
単に楽しむためだけに来ているのに…

自分は結局、店を出てしまったけれど
(逃げるは恥だが役に立つ?)
店のスタッフは
ああいう客の相手もしなければならないわけで…

銀座の一流クラブのママとかは
どんな話題にも上手に話を合わせられるんだろうな…
こういう客もうまくいなすんだろうな…
などと思ったのだが…

そんな芸当は自分にはとても無理!
ますます人間嫌いに拍車がかかってしまうような
「世界の常識・日本の非常識」(プチ・バージョン)であった…

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。